ブックメーカーで現実的に勝つための視点

ブックメーカーで現実的に勝つための視点

今は、ブックメーカーをやるために、
とても便利なサイトやアプリがあります。

現在の試合データや過去の成績など、
本当に細かな情報まで知ることが出来るようになりました。

ライブスコアとか、ATP/WPAのアプリですね。

ただ、このようにデータが沢山ある状態になると、
確率論とか統計論とかを重要視して、

データだけでBet判断をしていこうとする人が増えてきます。

このデータ主義の考え方は、
ブックメーカーにおいて危険な考え方だと
僕は思います。

なぜならば、Bet対象(賭け対象)は、
人間対人間の試合であり、データだけでは
どうしても補いきれない部分があるからなんですね。

その日の体調や調子など、
データでは表せない項目って意外と多くあるものなんです。

ですので、データを見ることにプラスして、
その時の試合の状況などをしっかり見ることが、
非常に重要
になってきます。

「いや、そんなもん当たりまえでしょ。」

と始めのうちはみなさん言うのですが、

だんだん慣れてくると
「やっぱりこのデータがあるときは勝てるのかな・・」
「このデータを見てやったら勝てた。これ見れば。。。」

というように、だんだんと
データに頼るようになってきてしまうんです。

なので、ここで今一度、
”データだけでなく試合をちゃんと観る”ということを、
頭の片隅に入れておいてください。

今回はその、試合をちゃんと観るというときに、
具体的にはどうやって見たらいいのかを書いていきます。

ブックメーカーで試合のどこを見るのか?

これは、テニスというスポーツの特性を、
しっかり分かっていれば、どちらが勝ちやすいかなどは、
なんとなく掴めてきます。

ブックメーカーでは、対象の試合をLive映像で観ることができますが、

明らかに体調が悪そうに見えることはあまり無いため、
プレーを観て判断することになります。

時間がある人は、実際のテニスの試合を何度も観て、
その中で「これは優勢なんだな。勝ちやすい傾向なのか・・」と、
なんとなく分かるようになると良いです。

別に、Youtubeにアップロードされている、
錦織選手の動画でもいいですし(ダイジェストじゃないやつで)
何でもいいので、試合の流れを実際に観て、
どうなったら
有利なのか・不利なのかを判断できるようにしておくといいです。

ここからはその中で、とても分かり易い、
調子良い・悪いの判断の材料
を以下に挙げておきます。

1stサーブが入っているか

まず一つ目の指標は、ファーストサーブが入っているかどうかです。

これはブックメーカーのデータでも分かることなんですが、

できるだけその時、その瞬間の調子を観たいので、
Live映像でその時のサーブが入っているかを観ます。

そして、その選手がサーブからテンポ良く、
ポイントを取れているかも見てください。

これができていると勝ちやすいのは明白ですよね。

映像を観ると、どのようにポイントが入ったのか、一目瞭然です。

同じポイントでも、相手に粘られた後のポイントと、
すんなり取ったポイントは
全くもって違いますよね。

このようにスコア表では分からないことが見えるため、
とても良い判断材料になるんですね。

ネットに当たったり、アウトしているか

その選手の調子が悪いかどうかの判断ができるのが、
ポイントを取られたときの話です。

・相手のショットが素晴らしくて、返せなかった

・ただの自分のミス

ポイントを取られるということは、
この2つが大きく分けて考えられますが、

同じポイントを取られたという現象でも、
内容が大きく違いますよね?

これがスコア表だと、まったく一緒の表示になり、
区別がつきません。

だからこそ、LIVE映像でここの違いを見てほしいわけです。

そして、調子が悪いかどうかは、
以下のようなことで直観的に判断できたりします。

◎ネットに良く当たる

○大きく外れるアウトが多い

○チャンスショットを外す

特に一番上の、ネットによく当たってしまっている場合、
これがテニスにおいて一番不調という目安になります。

ネットを越さないと、ポイントの可能性は0ですからね。

大きく外れるアウトについても、考え方は同じです。

ラリーの中で、仲良く打ち合っているわけには
いかないので、やはりどこかで仕掛けないといけない。

つまりシビアなコースにショットする必要があるわけで、
そのコースを狙ったショットがことごとく入らないと、
もう仕掛けることができなくなるんですね。

考えてもらえれば分かると思いますが、
ちゃんと練習通りに打っているのに、

狙ったコースに入らないことが続くと、

「また外れるんじゃないか・・」と怖くなり
シビアなコースを狙えなくなってしまいます。

ブックメーカーのスポーツBetの対象は、
人間同士の試合ですから、
そういう心理状態が出てくるわけです。

そして、”チャンスショットを外す。”
これよくあるんです。

①サーブが良くて、相手を崩した

②ボレーをしに行って余裕のポイント

↓ ↓

あれ、ネットに当たった・・・

こんな感じです。
ラリーの中でもあります。

ラリーでガンガン押していて、
相手がギリギリで何とかふわっとした、

山なりのボールを返してきた。

チャンス!!

前に出てきて、ジャンピングスマッシュ!!

↓  ↓

ネットにあたる・・・・

これでは、
「これで取れないなら、どこでポイント取るねん!」
という感じですよね。勝てる試合も勝ちきれません。

このように、ポイントを取るべきところで
取れていないというところも注目してください。

選手の精神状態はどうか?

swing

選手たちは勝つために、ものすごくモチベーションを
上げて試合に臨んでいます。

良く聞いていると
「ふうっ!」とか「でぁ!」と、
ショットを打つたびに声が聞こえると思います。

・出来るだけ強いショットを打つために出している、

・気持ちで相手を圧倒する

というような意味合いがあると思いますが、
とにかく試合に勝つために、
みんな気合が半端じゃないわけです。

そんな中で、たま~にあるのが、
イライラが頂点に達し、自分のラケットを叩きつけるシーン。

※画像のやつですね。

特に、上記にも挙げた
”チャンスショットを外す”なんてなったとき、
それまでのイライラがピークに達して、
ラケットに怒りをぶつける・・・・という現象になるわけですね。

ATPとかWTAの試合は、カメラが数台あり、
選手の表情が見えるほどの
アップ映像も中継しているため、
選手の表情にも注目してみてください。

そして特に見てほしいポイントは、
そのイライラは、相手は全く関係ないということ。

このイライラは、”自分のプレーがうまくいっていない”
というイライラなんですね。

いつも練習でできていることが、
超大事な試合で、超大事なところでミスると

「なんでだよ!くそっ!!ふざけんな!」

とついなってしまいますよね。

そのイライラが溜まっている選手が、
その後冷静に試合で勝つことができるのか?
それとも・・・。

その結果は、想像に難くないですよね??

個人的に、人が怒っている姿は見たくないですが、
ブックメーカーでしっかり利益をだすために、
選手の心理状態も見るようにしましょう。

怒り易い選手を何度も観ていると、
「あーあ、また怒ってるよ。。」と、
なんだか愛着がわいてきたりしますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ブックメーカーは、スポーツにBetするという特性上、
このように実際のプレーを
よく観ることが勝つために重要なんですね。

データ主義という考え方は危険だからこそ、
ブックメーカー側が提供しているLive映像をしっかり見る。

その中で、

【プレーの状態】

・1stサーブは入っているか?

・ネットに当たったり、大きくアウトしていないか?

・チャンスを決められているか?

 

【選手の精神状態を把握】

・イライラしていなか?

・表情は?

を観ていく。

(このLive映像は、Betしなくても、
Bet365でアカウントを作って入金すれば(20ユーロくらい)
Live映像を観られるようになります。)

このようにして、”今その時の選手の状態”を
情報として使っていきましょう。