なぜブックメーカーなのか?、なぜテニスなのか?を解説する

なぜブックメーカーなのか?、なぜテニスなのか?を解説する

ブックメーカーは様々な事柄にBetできます。
政治のことですら、賭けられるわけで可能性は本当に無限大です。

今回は、いろいろなお金を使ってお金を増やす方法がある中で、
なぜブックメーカーなのか?”そして、ブックメーカーの中でも、
”なぜテニスの試合をメインにするのか?”

この疑問について、解説していこうと思います。

なぜいろいろなギャンブルの中でブックメーカーなのか?

世の中には沢山の、お金を増やす方法があります。

例えばギャンブルで見てみると、有名なのが公営ギャンブルですよね。
競馬・競輪・オートレース・競艇・・・
そして、パチンコ・スロットが代表的だと思います。

ここでは、それぞれについての僕の見解を書いていきます。

パチンコ・スロット

現に、僕の周りの友達なども、よくパチンコやスロットで
「今日は5万負けた」
などとよく言っていました。
もう行かなければいいのでは?と思いますが、懲りずに何度も行くんですよね。

パチンコやスロットは、当たったときに派手な演出が流れて、
それを見ると脳内にアドレナリンが出てくるので、
軽い中毒のようなものになっているんですね。
※個人差あり

だからこそ、その快感を味わうため、また行ってしまう・・

そもそもの話しですが、パチンコ・スロットに関しては、
お店が設定している台に座り、ボタンやレバーを押す・・

こんな、”誰でもできること”をやるだけですので、
お金を増やす目的の投資としては論外だといえます。

競馬

次に、競馬を考えてほしいのですが、18頭や16頭で
レースを行いますよね?
単純にどの馬が勝つかということであれば、
1/18や1/16の確率になります。

この確率のものを投資として扱うには、かなり無理があります。
”増えるかどうかわからない”という時点で、
投資にはなり得ないものと考えていいと思います。

凄くスター性のある馬が出てきたときは僕も
見たりしますが、お金を増やすというよりかは、
僕の中では、強い馬の走りを見て、
その馬の走り自体を楽しむべきものという位置付けですね。

競輪・オートレース・競艇

次に、人間が行う、
競輪やオートレース、競艇です。

レースするときの人数としては9人前後ですから、
確立としては1/9くらいの確率になりますね。

一番レースの出走数が少ないのは競艇ですが、
それでも6台走るため、単純に1/6という確率になります。

ギャンブルで生計を立てている人は実際にいますが、
正直1/6とかの確率では、増やしていくのは厳しいです。

競馬よりはだいぶましですが、
現実的に増やしていくイメージが、正直僕にはできません。

ブックメーカー

それでは、ブックメーカーを見てみましょう。


テニスでもサッカーでもそうですが、
スポーツに賭ける場合は、”勝つか負けるか”
に賭けられますから、単純に確率は高くなります。

これってすごいことなんです実は。

良く考えてみてください、投資と言われる、株やFXの確率はどうですか?
上がるか下がるか、この2択ですよね?つまり確率は単純に1/2。

なので、やりようによっては、
”スポーツBetは投資になり得る”わけなんです。

ただ、株やFXとギャンブルの大きな違いは、途中で決済できるかどうか。
(損切りや利益確定などと言われるやつです。)

競馬などでは、レースの途中に「やっぱり降ります」
ということが出来ませんよね?
負けたら賭け金は”全損”となり、全額没収されます。

その点、株やFXであれば、
「あれ、思っていたのと違う方向に行ってる。やっぱりやめとこう。」
という事で、損失が大きくなる前に降りることができます。

だから投資として運用可能なわけなんですね。

そして実は、ブックメーカーも、途中で降りることが出来るんです。

降りると言っても、タイミングが遅くなると、
結構な額を損失しますが、ある程度は返ってきます。

ちゃんと利益を出すためには、
損失を抑える方法の存在が不可欠なので、
その要件は満たしていますね。

これらの理由から、ブックメーカーであれば、
お金を増やしていくことが可能となってくるわけです。

なぜテニスの試合なのか?

「”なぜブックメーカーなのか”は分かったけれど、
そもそもテニスの試合にBetしていくのはなぜ?」という方もいると思います。

これは単純にまず一つが、サッカーなどと違い、引き分けがないこと。

”勝ち”か”負け”しかないんですね。これ結構大きいと思います。
1/2と1/3は、本当に全然違いますからね。

さらにいうなら、試合がある程度確定してきたら、
逆転されることが少ないということ。

ブックメーカーは(bet365だと)Liveを見ながら、
リアルタイムでBetできますので、試合がある程度決まっている状態でBetできます。

この試合途中でBetできるからこそ、勝ちやすいのですが、
サッカーだと、試合の終了間際に点が入ることがよくあるんですよね。

その点、テニスは最後の方でも、普通に流れが変わらず終わることが多いです。
やはり個人競技ですので、どうにかして盛り返したいという想いがあっても、
一人の力だけでは、盛り返すにしても限界があるわけです。

その様な理由や経験則からも、僕は
テニスが一番ブックメーカーに向いていると思っています。

まとめ

いくつものギャンブルの種類がある中で、
なぜブックメーカーで、しかもテニスなのか?
今回はその理由を書きました。

このブログは、ブックメーカーの、テニスの試合にBetする
という事に特化した情報を徹底的に発信しています。

ほとんどのブックメーカーのブログは、”浅く広く”という感じで、
表面上の事しか述べていないことが多いです。
そういうブログは読んでもあまり意味がありません。

その点、当ブログは、”狭く深く”テニスBetのみを扱っています。
ですので是非、テニスの試合にBetする際は、当ブログのにある
”テニスBetに特化した記事”を参考にしていただけると幸いです。