ブックメーカー投資の税金・節税対策でこれだけは知っておきたい項目

ブックメーカー投資の税金・節税対策でこれだけは知っておきたい項目

2

ブックメーカー投資をやっているが、
利益が出たときにどうやって税金を払うのか?
そのあたりをよく分かっていない人が多いです。

「払わなくていいのかな?」と思っている人は甘いです、
必ず税金というのはかかってきますので払う前提でいてください。

ブックメーカーはまだ国内で普及していないので、
どのように税金がかかるのか、
そもそも税制が整備されているのかという所が焦点になります。

あとは、税金なども含めて理解しておけば、
年間収支の本当の金額もわかりますし、何より安心して投資できますよね。

いざという時に泣きを見ないためにも、
これだけは知っておきたいという税金の知識、
節税のための基本的対策を、ここで学んでおきましょう。

法律ではまだ、明確なルールが決まっていない!?

そもそもブックメーカーは海外のサイトですから、
基本的には海外の法律が適用されると言われます。

言われます、と書いているように、
まだまだ日本には浸透していない賭け事なので、
現時点では正確な取り決めがないのが実際のところ。

だけど税金がかからないわけではない
というのが、気を付けるべきポイントです。

ブックメーカーの法律上のポジションは
かなり曖昧でも、ブックメーカーで得た収益については
しっかり税金を取られます。

税金面は、どうしてもシビアなこの世界。

ただ、それなら一体どんな扱いになるのだろうと気になりますよね。

ブックメーカーは一応ギャンブルという分類。
競馬や競輪、カジノの仲間にあたると思っておきましょう。

ですから得られた収益に対しては、
競馬などで得た払い戻し金と同じように、
相応の税金を支払わなければいけません。

収益50万円ラインに注意しよう!

ブックメーカー投資で得た収益は、
現在のところ所得欄における一時所得などと見なされます。

この一時所得には特別控除という仕組みがあり、
一年を通して50万円の収益までなら、
税金を払わなくていいという利点があります。

ここで言う収益というのは、
オッズに応じて得た金額から必要経費を差し引いたもの。

オッズがかかる前に賭けた金額がいわゆる必要経費なので、
元手の金額の引き忘れがないよう、注意しながら計算しましょう。

もしも収益が50万円を超えてくるならば、
50万円を超えた金額の2分の1が所得に足され、総所得額から納税額が決まります。

その場合は確定申告が必要なので、
手間ではありますが所定の時期に税務署に足を運びましょう。

ブックメーカーの確定申告って実はカンタン?

収益50万円以上で必ず行うべき確定申告。
これが大きなネックとなって、手が出ない人も多いはずです。

だけどそんなに不安がることはありません。

確定申告には、多くの書類が必要なイメージ
があるかもしれませんが、
ブックメーカーには面倒な書類が要らないからです。

おおまかなやり方としては、
一時所得の欄に金額を記入するだけで問題なし。

だからと言って申告しなかったり、
申告を偽るような行為は、トラブルの原因になりかねません。

特に、一度に100万円を超える金額を手に入れた場合、
送金の記録を国に把握され、
後に税務署から追徴課税がかかりますからね。

計算金額が50万円を超える場合は必ず申告するべきですね。

また申告金額に不安がある方は、利益との折り合いを見ながら、
税理士の方に相談するのもおすすめです。

ただ、税理士によって見解が分かれる恐れがあるので、
過去にブックメーカーの確定申告に関わっているか、
チェックしておくといいと思います。

法律が曖昧なため節税も可能

ブックメーカーには税金面での
明確な法律が存在しないと書きました。

これは節税のチャンスだということを、ぜひとも押さえておくべきです。

正直な話、ブックメーカーの利益が
一時所得か雑所得かも曖昧なラインとなっています。

もし雑所得として申告してしまうと、
上で触れた50万円までの特別控除が受けられないので、
一時所得で申告することが、実は節税の第一歩。

こうした法律の曖昧さの中には、
節税のヒントが数多く隠されているんです。

たとえば利益計算の際の必要経費で、
ハンディキャッピングのために用いた選手の資料、
書籍代にかかった費用は投資という観点から見れば経費ですよね。

これを計算に入れるかどうかで、納税額に大きな開きが出てきます。

さらに、海外のサイトから日本の口座への送金など、
お金の動きも複雑なので、
どの段階を利益確定と見なすかによっても納税額が変わってきます。

ブックメーカーの税金は定義が曖昧ですから、
ある意味わかりやすい一方、
同時に試行錯誤ができる柔軟性も兼ねています。

ほとんどの方は一時所得と特別控除を理解しておけば、
問題なく対処できると思います。

節度を守った上で、手続きをしてくださいね。