【ブックメーカー投資】資産運用とギャンブルの違いを知らないとキケン!!

【ブックメーカー投資】資産運用とギャンブルの違いを知らないとキケン!!

1

 ブックメーカー投資で資金を増やしていくためにどうしたらいいのか?

このブログでは、いろいろな情報収集の仕方や、
試合の見方などを書いてきました。

 
でも今回は、ちょっといつもと違います。
なんと、”稼いではダメ”という話なんです。
 
「はい??何を言ってるの??」
となりますよね?まあ聞いてください。
 
厳密にいうと、”一気に大きく稼いではダメ”ということです。
 
これは一体どういう事なのか?
今回はその話を掘り下げていきます。
 
 

資産運用とギャンブルの違い

まず、その話をする前にこの、
”資産運用とギャンブルの違い”について話さないといけません。

これって、一般人は知らなくて当然ですが、
投資に関わる商材やサービスを売っている人たちですら、
理解していない人が多いです。

彼らは、”自分が稼げればOK”という考えなので、
お金を払って習っている人がどうなろうと、知ったこっちゃないんですね。

投資を教える立場の人間が、
”資産運用とギャンブルの違いを理解していない”なんて、
非常に危険な状態だと僕は思います。

本来、資産運用というものは、お金を残すことが大前提となります。

”お金を残しておく”というと、イメージするのは貯金ですよね。
でも貯金として銀行に預けてもほぼ増えない。

だから、もっと増える可能性のある別のものを・・
という考え方になります。

その延長が資産運用です。
つまり、”お金をキープするということの延長上のもの”
という考え方をしないとダメなんですね。

お金の稼ぎ方というより、
お金の残し方という感じでしょうか。

ですから、そもそも、どれくらい増えるのかが予測できないものは、
資産の運用として成り立たないんですね。

本当に、一時的な増減によって、喜んだり悲しんだりしていては、
それはまさに”ギャンブル”になってしまいます。

ギャンブルというのは、
”一時的な楽しさや快感を感じるために行うもの”
ですからね。お金を増やすためにやるものではないですよね。

ですから、投資(資産運用)をしていくなら、
一時的な増減などは一切気にしない。

もう、月単位で、トータル収支を見て、
『”決めておいた目標”に近い結果で終えているか』
というところのみを追求するべきなんです。

だからこそ逆に、目標としていた数字よりも大きくプラスで終わる
という結果になることも、資産運用という視点からリスクとなります。

「え?大きく増やせたのにリスク?なんで?」
と思うかもしれませんが、
ここで大切なのは”予測できているか”ということ。

”思っていたよりも大幅にプラスになった”、
というのは別の言い方をすると、
”思っていた想定から大きく外れた”、ということになります。

この、自分が思っていることから、
大きくズレる結果になったということがリスクなんですね。

今回は大きくプラスになったかもしれませんが、
次はもしかしたら大きくマイナスかもしれない、違うかもしれない・・・
どっちだかわからない・・・

この状態が危険だという事です。

大切なのは”想定の数字に近づけたか”
という一点であり、それ以外の部分に関しては
気にしない方がいいんですね。

ただ、毎回ピッタリ目標値ということは無理ですから、
誤差の範囲というのは設定すべきです。

例えで言うと、ブックメーカー投資で目標設定金額が、
”毎月10万円のプラス”という目標設定でルールを組んだ場合。

月+9万円 OK

月+11万円 OK

というわけです。ダメな例は、

月+1万円 ×
月ー2万円 ×

月+30万円 ×

という感じです。もうお分かりかと思いますが、
予定とあまりに”乖離している・かけ離れている”というのが、
この3つがダメな理由です。

投資とギャンブルの違いを説明できない人からは学ぶべからず

最近では、ブックメーカー関連のスクールや塾など
結構多く見かけますね。

でも、彼らの多くはこの、
”投資とギャンブルの違い”を説明できません。

もしあなたが、他のブックメーカー投資の情報も
見ているのであれば、
その情報発信者にこう質問してみてください。

「投資(資産運用)とギャンブルの違いってなんですか?」 と。

こう聞いたときに、今回のような話ができない場合は、
その人からは習わない方がいいです。

特に”1日で5万円稼げました!”とか、
ブックメーカーに限らず、
そういう単発で大きく稼いだことをアピールしている
ようなところは絶対にやめておきましょう。

「投資」と謳っている、資産運用のスクールなのに、
”このギャンブル!勝てると気持ちいいですよ!”
と言っているようにしか僕には聞こえません。

まとめ

投資(資産運用)とは、設定した期間内の結果において、
設定した目標数値に近い形で終えることが最重要となります。

つまり、計画通り・予想通りに行うものなんです。

一時期、SoftbankのCMで、「想定外です。」
という言葉が流行りましたね。

投資は、その完全に対極にあるもので、

みなさんは、「すべて、想定内です。」
と言えるようにしないといけないわけです。

『①目標を設定する ⇒ ②目標に近づける』

これを徹底して繰り返し、ギャンブルではなく、
投資(資産運用)をしていくようにしてください。