借金を返すためにブックメーカー投資だとぉ?

借金を返すためにブックメーカー投資だとぉ?

syakin3

「ブックメーカーで稼いで、借金を返したいんです。」

問合せの相談で、
このような話しをされることがあります。

多いのが、大学の学費を返したいとか、
ローンがあってそれを返したいなどです。

借金は悩みとして、本当に大きなものですから、
「何か稼ぐ方法ないかな・・」と探しまわり、
”ブックメーカー投資”に辿り着いたのだと思います。

そして、ネット上に「稼げました!」というような
”おいしい話”が沢山あるので、
「これなら、うまくいけば借金返せる!!」
と思っているんですね。

今回は、そんな方のために、
僕の見解とアドバイスを書いていきたいと思います。

そもそも投資とは?

44d8ea17

まず、”投資”についての考え方が
個人によって大きく異なるという現実があります。

「これで増えます!!月利〇〇%!!」と
派手に見せる発信者も悪いですが、
多くの人が、
”投資は増やせる方法さえ知れば、
それで食べていけるくらいになるかも”
と無意識レベルで期待しています。

投資というのはそもそも、
リスクと隣り合わせのもの。

増えるけれども、減る可能性もあるわけで、
現実的な話しをすると、
投資は、”増える確率が高いもの”に過ぎません。

給料をもらって毎月お金を稼ぐことと、
そもそも根本的に違うんですね。

給料は確実にプラスにしかならないため、
堅実にお金を増やす・稼ぐことにより生計を
立てられますが、

投資は、”増える可能性が高いもの”
というだけなので、今のお金を銀行に預けるよりは
増えた方がいいよね、
というような考えでやった方がいいと思います。

ブックメーカーで取り返すという思考は危険

39573174

”取り返す思考”。
借金の返済にブックメーカーが向いていない、
最も大きな理由がこれです。

「ブックメーカーで借金を返したい」
という事は、今の金銭的マイナスを
どうにかプラスにしたいということですよね。

これって、ブックメーカーで一番危ない、
「次で取り返す!」というギャンブルの思考なんです。
いわば”取り返す思考”。

ブックメーカーで資金を溶かしてしまう典型として、
自分のBetが一度でも大き目に負けた場合、

自分の大切なお金が目の前で没収されるため、
平常心ではいられなくなります。

そして、
「今負けたマイナス分を取り返したい!」
と、より大きな金額でBetする。

(本当にこうなります。9割の人がそうです。)

このような、人が必ずなってしまう、
ギャンブルで負ける典型的な心理状態。

これこそが”ブックメーカー投資においてのリスク”なんですね。

これを踏まえた上で、よく考えてほしいのですが、
この『取り返す!』という”思考”が危ないわけですよね。

そんなものを、借金を返したいという想いを持って、
藁にもすがる想いでやるなんてことになったらどうでしょう?

常にリスクが高い状態でBetし続けることになりますよね。

これでは、いつか必ず大きく負けて資金を溶かしてしまいます。

money_tokeru_dollar

そんなことになれば、
本来なら、借金の返済に充てられたはずの
お金さえも失ってしまうんですね。

ではどのようにすればいいのか?

urenaibaai

まず、一つとしては、
そもそも投資と呼ばれるもので借金を返す
という思考自体をやめることです。

投資の概念を上記で説明しましたが、
マイナスとなっているものを0に戻すという事において、
不確実なものをやるなんてことはナンセンスです。

とにかく求めるべきは確実性です。
お金を確実に返していく、
この”確実に”という部分を最重要視してください。

そして、今あなたが出来る
”確実にお金を稼げる方法”
をもう一度見つめなおしてください。

それは何でもいいです。
何だっていいと思います。
お金を返すことが目的ですから、
より確実に返せるやり方をやってください。

他のブックメーカー投資を教えている人たちは、
「借金をしている?なるほど、じゃあブックメーカー投資
で稼いで返していきましょう。いけますよ!!」
という人もいます。

本当に、こういう人たちは自分の事しか考えていないです。
自分が稼げればいいと思っているだけですからね。

僕も、実際にブックメーカー投資を教えていますが、
こういう借金のある状況の人にブックメーカーをやらせる
なんてことは絶対にしません。

だって、上手くいかないことが分かり切っていますからね。

まとめ

投資というものは不確実なものです。

そして、ブックメーカーにおいて
”取り返す思考”は最も危険なこと。

そのため、とにかく
今自分が出来る最も確実に稼げる方法を堅実にやる。
これが、一番の近道となります。

変な情報発信者の戯言に騙されず、
”現実を見て”頑張っていってください。