ブックメーカー投資では予測できる範囲にBetすべし

ブックメーカー投資では予測できる範囲にBetすべし

ブックメーカーでは試合の勝敗以外にも、
いろいろな現象に対してBetできます。

むしろ、Bet出来ることが多すぎて、
始めてブックメーカーをやる人は
どうやいったらいいか迷うほどです。

今回は、沢山あるBet対象の中でも、
”予測できるものと予測不可能なものがある”という話しです。
(不可能というか、”ほぼ不可能”と言ったところでしょうか)

基本的には、
予測が難しい⇒オッズが高い
予測が簡単⇒オッズが低い
というように、オッズからある程度の難易度はわかります。

ただ、同じくらいのオッズでも、難易度が違ってくる場合もあります。
オッズが完ぺきというわけではないんですね。

今回はこのあたりの話しをしていきます。

 

テニスでBet出来る主な所(超基本)


まずは、テニスでBetできる、基本的なものを挙げてみましょう。

 

Point Winner

Bet365では"Point Winner – Point 2, 11th Game"などと表記されているものですね。この例で言えば、11th Gameですから「第11ゲームの2ポイント目を取る選手は?」ということですね。でもこれは、オッズは高いですが、次のポイントを取る選手なんて、誰にもわかりません。”ほぼギャンブル”というBet方法になります。

 

 Game Winner

1ゲームごとに勝敗を賭ける、Game Winner 。Point Winner に次いで短時間で結果が分かり、Gameの開始時点ではオッズも高めに設定されています。その反面、ポイントごとにオッズも変化しますので、データ収集のスピードや、流れを読む勘が要求されます。焦って、「あっ、まだちょっと早かったか・・」となることもしばしば。ただ、もうこのGame Winnerは、もうGameが決まるなという所でのBetに徹すれば、オッズは低くても勝率は結構上がります。

 

Set Winner

どちらの選手がそのセットを獲るか、つまり、どちらが先に6Game獲るか。初心者は、このSet Winnerが結構Betしやすいと思います。Set Winnerの場合は、データ分析や情報を得る時間がありますので、慣れていなくてもゆっくり試合を観られます。結果が出るまでにちょっと時間はかかりますが、始めはこの辺りで練習してもいいかと思います。

 

Match Winner

Match winnerは、一番分かりやすいですね。どちらの選手が、勝利するか。ほとんどの大会では男女ともに2セット、グランドスラムの男子で3セット、これを、どちらの選手が先取するかを賭けます。どっちが勝つかという分かり易い内容なので、Match winnerを好む方も多いです。

とまあ、この辺りは常識的に知っていることかと思います。

 

予測可能かの見極め

ここからが大事なのですが、予測を立てる際に、
『そもそもとして、それが予測可能なものなのか?
という所を考える
必要があるんですね。

”予測可能かの見極め”と言ったところでしょうか。

例えば先ほど挙げた”Point Winner”。

”次のポイントはどっちが取るか?”を予想するものですね。
これを当てるのは相当難しい・・・というかほぼ無理です。

皆さんも経験あるかと思いますが、
片方のサービスが強くて、ガンガン押している試合を観て、
「あれ、これ次のポイントも取るぞ。絶対取る!」

と勇んでPoint WinnerでBet!

行けるはず・・・と思い観ていると、
ファーストサーブがFalt。

「まあまあ、そういう時もあるよね、
セカンドは慎重にサーブを入れるし・・」

と自分に言い聞かせていたら、
いきなりダブルフォルトになる。

そしてポイントを落とし全損・・。

「なんでここで!?」
と本当に思いますが、冷静に考えるとこれって
結構あるんですよね。

ガンガン押している方は、セカンドサーブすら、
慎重に入れる必要ないですから。
むしろ、すべてのサーブでガンガン押していって、
早くポイントを取りたいですからね。

1ポイントくらい失ったところで、
次で取ればいいですから、ポイントを失ってもOK
という気持ちでやってます。

リスクの高い所で勝負すると、
このように全損になるのがブックメーカーですから、
これは投資にはなり得ないですよね。

 

次に、Game Winnerですが、
Point Winnerよりはギャンブル性は低いですが、
1ポイントで結構な倍率が変動するため、
こちらもリスキーな取引だと僕は思います。

投資という前提でやるならば、
もっと余裕を持つべきだと思います。

そうなると、Set WinnerやMatch Winnerの方が
”予測可能か?”という面では
良いですよね。

ただし、Set WinnerもMatch Winnerも、
いざ始まり、試合の流れが確定するにつれ、
そのオッズは低くなっていきます。

ライブBetで「もう勝てるでしょ」
と判断した時には、もうすでにオッズが1.
001
とかになっていて、

「Betしても増えないじゃん!」
という状況になります。

ですので、実質的に、Winner系のBetは、
確実な所でBetができない状態なんです。

だからこそ、次に説明するような、
”試合の勝敗以外のところ”に賭けていく、
という方法をおススメします。

 

勝敗以外の所でのBetを活用する

いろいろな現象に賭けられるテニスですが、
ブックメーカーでは、勝敗以外の選択肢もあります。

結構おススメなのが、”Total Games in Set”。

これは、名前の通り、
1セットの内にどれだけゲームが行われるかを
予測するものですね。

これなら、試合の予想を勝敗ではなく、
トータルスコアを予想対象にできます。

例えば、”6.5over”は、
そのセットでのゲーム数の合計が、
7以上になればOKという賭け方ですね。

つまり6-0にならなければ勝ち。
しかもどっちが6でもOK。

over(〇〇より上)だけでなく、
under(〇〇より下)もあり、さまざまな
試合に対応できます。

そして、Set winnerやMatch winnerよりも
高めのオッズで勝負できるのが利点です。

投資をしていくなら、オッズとリスクの兼ね合い
を自分でコントロールすることが必要ですが、

この”Total Games in Set”なら、
6.5、7.5、8.5、9.5、10.5、12.5と、
多くの選択肢の中から、オッズとリスクを調整
できます。

Total Games in Setは投資向きと言える賭け方ですね。

 

Under12.5、高確率勝利Bet手法

ちょっと、Underで使える方法を紹介します。

※やるかどうかは自己判断でお願いします。
別に必勝法とかではなく、一つの工夫ですので。

Under12.5にBetする方法です。
Under12.5は、7-6にさえならなければ勝てますよね。

7-6になりにくい試合というのは、
サーブの強い選手と弱い選手の試合です。

Live映像をしっかり見ていれば、これは分かると思います。

7-6なんていうスコアは、
相当均衡した場合のスコアですよね。

なので、明らかにサービスキープの安定性が違う
という判断ができれば、Betするのもアリかと思います。

そもそも12.5underが勝率が高いので、
より勝率という面では高められると思います。

まとめ

初心者は、テニスの試合へのBetにおいて、
一度は必ず直面する問題があります。

・オッズが低すぎてBetできない

・高オッズを狙って負ける

この2つですね。

なんだか調度いいものがないんです。
これでは投資にはなりませんよね。

そこで登場するのが、試合詳細以外にBetする
”Total Games in Set”。

これは、リスクを負わずに安全に低オッズを取ることもできますし、
リスクを負って高オッズを取ることもできます。
その間も可能であり、多種多様な戦略ができます。

是非、”Total Games in Set”などを使って、
自分なりの戦略を作っていってください。