【ブックメーカー】収支表や確率をメインに考えすぎるとキケン

【ブックメーカー】収支表や確率をメインに考えすぎるとキケン

よくある質問で、「勝率はどれくらいなんですか?」
という事を言われます。

そういう質問をしてくる人たちは、
ブックメーカーで利益を出せていません。

「投資としてやるなら確率大事でしょ?」
という人もいると思います。

確かにそうなんです。
そうなんですが、ここで言いたいのは
「確率や数字に囚われて、本来のBetが見えていないぞ!」
ということです。

なんの情報を見てきたのかは知らないですが、
知識はあっても勝てていない、”自称中級者”の人たちは、
凄く”数字にこだわっている”印象があります。

これは”ブックメーカーで勝てない典型の人”
と言ってもいいと思います。

今回は、なぜ収支表をつけたり確率を計算することを
メインにしてはいけないのか?
それを説明していきたいと思います。

自称中級・上級者が陥っている典型的な流れ

日々いろいろなブックメーカー関連の質問を受けていますが、
その中で感じることがあります。

それは、”計算した確率にならないからダメ
と思っている人が多い”ということ。

実際に計算しておいた確率になるハズなのに、
やってもやっても結果が違うというのは、
ブックメーカーではよく起きることです。

そうなると、数字にとらわれている人たちは、
”計算がおかしいのか?”という方向に考えてしまいます。
そして、その答えを”数字で出す”ことに時間を費やしてしまう。

こんな流れになっている人が特に自称中級・上級者に多い印象です。
彼らは知識こそあれ、勝てない状態が続いていて、
「収益表だ」「確率だ」と、頭でっかちになってしまっているんですね。

確かに、シッカリ収支表をつけて、管理することはすごく大切ですし、
やるべきだと思いますが、目的はトータル利益を出すこと。
自分が納得できるきれいな収支表を作ることが目的ではないハズです。

確率は参考程度に

これは僕の個人的な考え方ですが、”確率”というのは、
不確定要素が強いものだと思っています。

ある程度設定するにしても、かなりの振り幅を持たせる必要があります。
具体的には、確率60%と決めるのではなく、
40%~80%というような形で考えるのが妥当だと思います。

これくらい振り幅があるモノなんです。
10年くらい毎日データを摂っていれば、
確率が収束してきて、明確に数字を出せるとは思いますが、
そんなにデータを摂ってきている人は、まずいないと思います。

沢山のBetを経験してきた人ならば、この確率の不確定要素は
身をもって分かっていると思います。
それだけブックメーカーというものは、不確定要素を加味して戦うものなんです。

連敗になったときに、「おかしい!計算が違う!」と考えず、
「ブックメーカーはこういうこともある」と現実を受け入れられる
状態でBetをしていくようにしましょう。

ブックメーカーのスクールやコミニティのPRでしかない

収益表をつけることはやった方がいいのですが、
この「収益表メイン主義」というか「確率重視主義」
の考え方はどこから来ているのか?

それはブックメーカーのスクールやコミニティが作った、
”PR活動”から来ています。

彼らは、ブックメーカーの手法をなるべく良いように見せたいので、
元々ギャンブルであるブックメーカーに”投資”という言葉をくっつけました。

さらにそこから、
”他の投資と同じように、収益表をしっかりつけて、
資産をきちんと管理しています!”という見せ方をしたんです。

こうすれば、「ちゃんと投資としてやっているんだな」
と、買う側は信用してくれますからね。

”期待値”という言葉も聞いたことがあると思います。
これもそのアピールの一つですね。

・・・こんなことを書いていますが、
”他の情報発信者を潰そうとしている”わけではありません。

ただ単に、ブックメーカーの商品を売る立場の人たちは、
ビジネスとして、そういう見せる工夫をしているという事です。

この現実を、しっかり知っておいてほしいと思い、
この文章を書いた次第です。

可視化するという意味で収支表を付ける

メインにしてはいけないと言いましたが、
収支表をつけたりすることに反対というわけではありません。
むしろ、つけてください。

とにかく収支表をつけてその数字に踊らされる
ことにならないようにはしてくださいね。
でないと、負のスパイラルに陥りますので。

収支表を月単位でちゃんとつけると、
資金管理が明らかに分かり易くなります。

自分のBetを可視化できるので、
なにより”投資や仕事としてきちんとやっている”
というモチベーションに繋がりますからね。

まとめ

本当にいろんな人が、最近ではブックメーカーに関して情報発信しています。

彼らのほとんどが、収益表をつけたり確率がどうの
と言う話をメインにしています。

確かに凄く大切なことなんですが、あまりに確率や収支表を
中心にしてしまうと、数字にとらわれてしまう危険があります。

あくまで、今の手法がきちんとトータルでプラスになるかどうかを
可視化するものですから、依存し過ぎてはダメなんですね。

大切なのは、トータルでプラスにするためにどうBetしていく
のかということですから、そこをメインに考えてください。

ただでさえ時間がないわけですから、
ブックメーカーで勝つために”必要な事だけをやる”ようにしてください。