Bet365でライブ映像を最高に見やすくする方法と基本設定

Bet365でライブ映像を最高に見やすくする方法と基本設定

ブックメーカーをしている人で、
bet365を使っている人はかなり多いと思います。

ただ、英語表記のために、「もうちょっと、見やすくしたいケド・・」
と思っても、なかなか設定などをいじろうとしないと思います。
よく分からない操作をしてしまうのは嫌ですからね。

そこで今回は、Bet365を使うならやっておくべき基本設定と、
ライブ映像の一番良い見方をお伝えします。

ライブ映像にて情報収集することが大事なテニスBetにおいて、
この”ライブ映像の環境を整えること”はとても重要になってきますので、
最後まで読んで、自分のBet環境をしっかり準備してください。

Bet365の基本設定

まず、Bet365を使う際に基本的な設定を紹介します。
結構、この部分をやっていない人もいるようなのですが、
すぐできることなので、是非やっておいて欲しいです。

特に、タイムゾーン設定に関しては、設定しておかないと
その試合の開始時間が把握しにくいので、
この設定はしておくべきだと思います。

まず、アカウントを作ったときに、言語や取引通貨などを
選択したと思いますが、ここではそれらの設定項目を変更していきます。

まず、①アカウントのマーク(人のマーク)をクリックすると、
タブが開くので、②設定マークをクリック

すると、設定画面が開きます。ここで、言語・タイムゾーン・オッズ表示の変更ができます。

・Language:言語

日本語表示は無いため、⇒”English”を選択。

・Time Zone:タイムゾーン

日本時間に合わせるため、⇒”GMT+9”を選択。

・Odds Display:オッズ表示

1.10などの方が見やすいため、⇒”Decimal”を選択。

基本的にはこの3つを設定しておけばOKです。
あとは取引通貨についてですが、EUR(ユーロ)の方が、
入出金時の手数料が少し抑えられるので迷っていたらおススメします。

ただ、この取引通貨に関しては、アカウント開設時にしか設定できないので、
どうしてもEURにしたい場合は、新たにアカウントを作る必要があります。
(一応手続きすれば出来るとも言われていますが、やり取りがなかなかスムーズに
いかずに時間がかかってしまうようなので、新しく作ってしまった方が早いようです。)

これに関しては、直接Bet365のサポートに聞くしかないですね。
ただ、別にUSDでもJPYでもいいと思います。要は勝てばいいですからね。

そして勝てるようになって、どうしても気になるなら、
取引通貨を変えればいいと思います。まずは勝てるようになることが先決です。

ライブ映像最適化をして環境を整える

皆さんはライブ映像を観る時にどうしていますか?

ほとんどの人が、試合を選んだ時に画面右側に出てくる、
映像を観ているのではないでしょうか?
実は、この映像を見やすくできる工夫があるんです。

まず、ライブ映像は、IN-Play⇒Tennisからのマーク
が付いている所をクリックすると観ることができますね。

ほとんどの方はこの映像を観ていると思います。

ただ、ブックメーカーはライブ映像を若干遅らせているのと、
時差の関係もあり、実際の試合のスコアの動きより、ライブ放送の内容は遅れています。

※2018.3.12仕様変更により、少し内容が異なっていますので、
追記もよく読んでください。

まず、①右側のライブ映像の上にあるLive Streamingを選択。
すると、各スポーツのライブ映像を観ることが出来るページが出てきますので、
そこでTennisの該当する試合を選んで映像を観ます。

このライブストリーミングは、なぜか通常の右側に出てくる試合よりも、
少しだけ早く映像を観ることが出来る場合があります。
これは実際に見比べてみると分かると思います。

そして、このライブストリーミングの良いところは、
画面を大きくできる事。ライブ映像を観ていて、
どうも画面が小さくてなんだか見ずらいと思ったことはありませんか?

ある方法を使えば、その悩みが解決するんです。

その方法とは、このライブストリーミングを開いた状態で、
まずライブ映像の下にある画面切り替えボタンを押してください。

これをすることで、右側に出ている情報も消えて、
試合の映像だけのシンプルな画面になります。

追記:仕様変更で、今はこのボタンはありません。
その代りにブラウザのサイズを、タブレット版に調整してください。

具体的には、通常のPC表示では、このように見えますが↓。


ブラウザの横幅を狭くして、↓のようにタブレット表示に調整します。

そうなったら、今度はその画面を拡大します。

これはブラウザ上にて拡大ショートカットを使って拡大するのですが、
pcであればctrlキーを押しながら+キーを押すと、
ブラウザ画面が一段階アップになります。
(ctrlキーを押しながら、マウスのスクロールでも可)

ちなみに、ctrlキーを押しながらーキーを押すと縮小、
ctrlキーを押しながら0で元の画面の大きさに戻ります。

大きくするとこんな感じです。

映像は変わっていませんが、サイトの文字が大きくなっていますね。
これで、ブラウザの中身を拡大したということになります。

 

僕のPCでは170~240%位が調度よかったです。

拡大したら、動画画面の縦と横の比率が変わらないように注意しながら、
ブラウザを少しずつ広げていきます。
するとこのように大画面で試合観戦ができます。

今の仕様だと、ここで動画画面が縦に引き延ばされてしまうと、
動画自体が止まってしまう現象があります。
その場合は、ライブストリーミングを立ち上げてください。

ちなみに、ちゃんとブラウザをアクティブにしておかないと、
拡大の効果はありません。大きくならない場合は、一度画面をクリックして
アクティブウィンドウにしてから、この拡大操作をしてください。

自分の好きな大きさに画面を調整できることで、
本当に試合が見やすくなります。
迫力も全然違いますし、得られる情報量も多くなります。

ライブ映像での試合分析において、
この環境作りの工夫は必ずやるべきだと思います。

まとめ

Bet365は、英語表記のために、
今いち使いこなすのが難しいですが、
ポイントを押さえておけば至ってシンプルです。

とにかく基本設定は、今回の
・言語
・タイムゾーン
・オッズ表示
を設定して、後は、別段いじることなく、
勝つことに集中すればOK。

そして、ライブ映像での分析をしやすいよう、
画面を今回の方法で調整して、見やすいようにする。

これができれば、Bet365の使い方は十分だと思います。