ブックメーカーで勝つためのライブ映像判断

ブックメーカーで勝つためのライブ映像判断

テニスの試合において、選手たちは
駆け引きをしているということは、以前の記事でも書きました。

記事:ブックメーカー(テニス)駆け引きの主導権を見極めるべし

そして、今回はさらにその駆け引きという所を深堀りしていき、
”駆け引きがうまい選手は一体何をしているのか?”
という所を見ていきたいと思います。

それが分かれば、ライブ映像を観ながら、
もっとその試合の予測が立てられるようになりますからね。

駆け引きに勝つための最低限の技術がある

まず、駆け引きをするにしても、前提として
ある程度のコースに打てる技術が必要になってきます。

これが無いと、駆け引きどころではありません。

なので、ライブ映像を観ていて、
「あれ、この選手明らかに調子が悪いな・・・」
という感覚があったら、そもそも駆け引きどころではない状態なので、
今回の”駆け引きの判断”は行わないようにしてください。

では、普通に打てている状態であった場合に、
どうやって駆け引きが上手な選手を見極めるのか?

それは、
相手の動きを見て方向を変える技術
を持っているかどうかです。

具体的に言うと、
①体の体勢として右方向に打とうとしている
②それを見た相手選手が、右方向に来ると予測して少し動いた
③すかさず逆側に打つ
と言ったようなことですね。

これが出来る技術があれば、
相手の動きを見て後出しでコースを決められます。

このようなことが出来る選手は、ポイントを取るべきところで
きちんと取ることができるので、駆け引きに強い傾向があります。

フェイクの上手さ

試合を観ていると、選手が完全に逆を突かれてしまって、
取るのを諦めるというシーンを見たことがあると思います。

別にサーブで押されていたとかではなく、通常のラリーの中での話です。

このような場合に考えられるのは、
選手が”フェイク”を上手く使ったという事が考えられます。

一番分かり易いのは、大きくフォロースルー(構えて)をして、
強いショットがくるかと思いきや、
”ちょん”とドロップショットを打つというシーンですね。

ラリーをしている中で、いきなりドロップショットを打つのは
相手選手を揺さぶるために有効ですが、
ただ普通に打っただけでは、相手選手に拾われてしまいます。

そこで、直前まで強く打つ素振りをして、
いきなり打ち方を変えてドロップショットを打つことで、
一歩でも相手の反応を遅らせるというフェイクを使います。

この”一歩でも遅らせる”というところが大事になってきます。

ライブ映像を観ていると分かると思いますが、
ドロップショットを拾う時は、かなりギリギリで
何とか間に合った状態で拾っていますよね。

ですので一歩でも遅らせれば、ただのドロップショットが、
相手を大きく崩せる超有効なショットになるんですね。

このように、駆け引きの強い選手は、
よく見ないと分からないレベルで、
ちょっとしたフェイクを随所に取り入れています。

ノールック(打つ方向を見ない)で打ったり、緩急をつけたり・・・
選手によって得意なやり方は違えど、
このフェイクのセンスに関してもトップレベルの選手は高いです。

相手に読ませない

前項では、相手にわざと違う動きをするように見せかけて、
その逆を突く方法があるという話でした。

でも選手によってはそういうフェイクを使うのではなく、
そもそも相手に全く読まれないような打ち方を徹底している選手もいます。

読まれない打ち方とは、具体的には、
打ち方や体勢を意図的に毎回同じにしているという事です。

左右どちらに打つときも、まったく同じ体制で
全く同じ手の振り方をする・・・・

これをされると、相手は打たれてから動くしかないんですね。
読みようがないんです。

テニスの試合では、選手たちは無意識のうちに相手のショットの
コースを先読みしています。
ライブ映像をよく観ると分かるのですが、
相手がショットを打つ直前に、もうその方向に動き出している選手が多いです。

これはテニスをずっとやってきたからこそわかる、
完全に無意識の中での動きらしいです。

でも、相手が全く読めないモーションでショットしてきたら、
その無意識の先読みが出来ないため、アクションが遅れるんですね。

ボールの高さの駆け引き

よく見ないと分からないのですが、
トップレベルになればなるほど、
選手たちはネットにかなり近い高さでの、
トップスピン(前回転)のショットを打っています。

素人からすると、少し手元が狂ったら、
ネットに当たってしまうんじゃないかと思うような、
本当にすれすれの高さをボールが”行き来”しています。

ですので、このボールの高さに関しても、駆け引きがあります。

選手がスライス(後ろ回転)でのショットをしている場面があると思いますが、
このスライス回転のショットを低めに打たれると、
トップスピンで返すときに、球が低くなってしまうんですね。
(回転の向きが同じですので。)

そして、そのネットに当たることを嫌がって高めに打つと、
相手へのチャンスボールになったり、
コート外に行ってしまったりする・・・

ですので、一見意味がなさそうなスライスショットは、
意図的に相手のミスを誘っている状態でもあるんです。

お互いがスライスで打ち合っているシーンを見ると、
「何を仲良く打ち合っているんだ・・」
と思うかもしれませんが、こういう駆け引きがあるんですね。

まとめ

ビックサーバーの選手などがサーブ&ボレーなどで
ポイントを取るときもありますが、
それは今回の話しの駆け引きからは除外してください。
今回はあくまで、”ラリーの中での駆け引き”です。

ですので、もしライブ映像を観て駆け引きの判断をしていくなら、
ある程度お互いがラリーをしていたときに、見ていくと良いと思います。

テニスBetにおいては、ライブ映像から
選手の駆け引きを”把握する目”が必要になってきます。

今回のような、フェイクや相手に読ませない打ち方をする選手、
そしてボールの高さの駆け引きなどに注目して、
選手たちが今どんな駆け引きをしているのかを見定めるようにしてください。