ブックメーカーはその日どこでやめるかも重要

ブックメーカーはその日どこでやめるかも重要

ブックメーカーは、お金を使ってお金を増やす性質上、
その日の”止め時”というものが存在します。

これは、パチンコやスロットでもよく言われますよね。
止めるタイミングによって、勝つか負けるかが左右されるほど、
非常に重要なものなんです。

特にブックメーカーの場合は、スマホで
ちょっと指を動かすだけで、簡単にお金をBetできてしまうし、
ネットでのやり取りのために”閉店”という概念がないので、
やろうと思えばいつまででも出来てしまうんですよね。

だからこそ、”止め時”を意識していないと、
止めるタイミングを逃してしまいがちになります。

今回は、止め時のタイミングや、
それを実行するための工夫について書いていきたいと思います。

ブックメーカーを止めるタイミング

ブックメーカー独自のBet環境もそうですが、
分かっておいてほしいことは、
人間の心理が”止め時を逃す大きな要因”ということです。

勝っている時は「もっと増やせるかも!」とやり続け、
負けている時は「負けた分を取り返す!」とやり続ける・・・

お金を賭ける行為ですから、
こういう心理状態にどうしてもなってしまいます。

この心理状態を上手くコントロールする事こそが、
ブックメーカーで結果を出すために必要になってくるんですね。

ここでは分かり易く、”こうなったら止め時”という事例を紹介します。

資金管理のイメージが曖昧になったとき

ブックメーカーにおいて、資金管理は絶対です。

この資金管理のイメージが明確にできなくなったら、
一切Betはしてはいけません。

※この資金管理は非常に重要な項目のため、
別の記事に詳しく書いてあります。

記事:ブックメーカーを投資に変えるための資金管理その1

記事:ブックメーカーを投資に変えるための資金管理その2

ブックメーカーをやっていると分かるのですが、
連続でBetしていくスタイルの場合は、今の資金と
Bet金額の兼ね合いが曖昧になってくるんですね。

このような状態でBetしていると、
勝っているハズだったのに、後々よく見たら
トータルでマイナスになっていたなんてことはよくあります。

人間の感覚は結構いい加減なので、
勝ったことを強く覚えていたりしますからね。

トータルでプラスにするためにやっているので、
資金管理のイメージが曖昧になってきた時は、
Betの止め時だと思ってください。

気分でやり方を変えた時

みなさんも一度はあるかと思いますが、
ブックメーカーで何度もBetをしていると、
「あれ、この方法、もしかして勝てるんじゃ・・・」
と、淡い期待を持ったことはありませんか?

独自の手法を発見したかも!
とその時はすごく嬉しくなりますよね。

実際はたまたま連勝したというような理由が多いのですが、
そうなると、人はそれまでのやり方をガラッと変えます。

もう、それまでのデータとかは一切無視で、
その発見したやり方に集中してしまうんですね。

でも、結局はそれでまた負ける・・・

一度は経験したことがある人もいると思いますが、
このように、”気分でやり方をガラッと変える”状態になったら、
そこが完全に止め時だと思います。

過度な期待は危険ですので、
一旦Betを止めて、冷静に考える時間を作るべきだと思います。

疲れている時・眠いとき

これはもう、当然ですよね。

ずっとBetし続けていると、
凄く疲れてきて集中力が切れてきます。

そんな集中力がないときにBetしても、まず勝てません。
むしろミスが起きて、
賭け金を全損することさえあり得ます。

そしてよくあるのが、眠い中でBetしていて、
気が付いたら寝ていたというもの・・・。

もうこれは論外ですよね。
当然、Betした金額は全損です。

これでは、勝てるものも勝てません。

ブックメーカーは一度の負けで大きく損失が出ますので、

「あれ、今疲れてきているな・・・」とか、

「ああ、ちょっと今眠いかな・・・」というように、

自分の状態がBetにふさわしくないと気づいたら、
即座にBetは止めるようにしてください。

続けてしまうことを止める工夫

”止め時”の事例について、いくつか書きましたが、
ただ漠然と意識しているだけでは、
Betをすぐに切り上げるのは難しいです。

ですので、”Betを即座に止めることが出来る環境”
を作っておくことをおススメします。

その環境を作る上で最も効果的なのが、
時間を決めてBetするということ。

そうすることで、
その日のBet内容がどうであれ、
その決めた時間に切り上げることができます。

具体的には、
”今日の19時~21時までBetしたら、もう一切やらない”
というようなことですね。

これを徹底することで、余計にダラダラBetすることが無くなります。
さらに、その時間だけに区切ることによって集中力も上がります。

もし、もっとしっかりと管理したい場合は、
スマホのアラーム機能を使って管理することもお勧めです。

その設定しておいたアラームが鳴ったら、
その日のBetは終了という感じですね。

自分で管理することに自信が無い場合は、
このように、スマホなどの便利な機能を活用することで、
カバーしていくようにしてください。

まとめ

ブックメーカーで勝つためには、
止め時を把握して、実行する必要があります。

止め時とは、基本的には

・資金管理が曖昧になった時

・気分でやり方を変えた時

・疲れている時や眠い時

の3つですね。

これらをしっかり頭に入れておいて、
この内のどれかを感じたら、
一旦Betは休むようにすると良いです。

そして、どうしても止め時に止められない
という場合は、勝っているか負けているかではなく、

時間を決めておくことによって、
”止め時に止められる環境”を作っておいてください。