ブックメーカー(テニス)いくら強くても事前Betで全賭けは危険

ブックメーカー(テニス)いくら強くても事前Betで全賭けは危険

ブックメーカーのテニスBetにおいて、
試合精査をするときに”強くて最近の成績もいい選手”
をチェックしておくことは以前の記事で書きました。

記事:【ブックメーカー】テニスエクスプローラーを使った高勝率の試合精査手法

確かに、本当に最近の調子が凄く良くて、
もう負けるイメージが全くできない選手が、
時たまいたりします。

フェデラー選手など、調子のいい時期には
めちゃくちゃ強かったりしましたからね。

それだけ勝ち続けている選手であれば、
Betする側としたら、Bet金額を上げたくなりますよね?

人間は欲が出てくるので、必ずそういう気持ちになります。

そして、実際に大きくBetをして、
なぜかその試合に限って調子の良かった選手が負けたりします。
これで大きく資金を失う人が結構いるんです。

事前の試合精査の段階で、勝ちを確信して
それだけの材料でBetした人がほとんどですけどね。

今回は、なぜそこまで調子が良く、
ほぼ勝つであろうというイメージの選手が、
負けてしまうのか?

そして、そういう選手の試合にBetするときに、
どのようにすればいいのか?

これらについて、書いていきたいと思います。

あのフェデラーが初戦敗退することも

2018年のマイアミ・オープンにてフェデラー選手は、
格下のT・コキナキス選手にまさかの黒星。
一回戦だったので、初戦敗退という事になりました。

フェデラー選手が初戦で敗退したのは、
19年ぶりのことで、プロになってから2度目。

一月後半に全豪オープンを制したのが記憶に新しい中で、
誰もが「まさかフェデラーが負けるとは・・・」
と驚いている状況でした。

最近の試合ではほとんど負けなしで、
サーブから淡々とポイントを取っていましたからね。
「フェデラーの時代がまた来たぞ!」と騒がれていた矢先のことです。

(ちなみに、この一回の初戦敗退により、
その時1位だった世界ランキングが2位にランクダウンしています。)

このように、どれだけ連勝していて、
最近の試合で圧倒的に強い選手でも負けてしまう時があるんですね。

この試合で資金を全損した人もいる

僕の知り合いがこの試合で大損しています。

彼はブックメーカー初心者で、事前Betはまだ早いから
止めていたのですが、試合精査を学んで自信がついたらしく、
この試合で事前Betをしていたんですね。

しかも資金の全額をBetしたらしいんです。
全額ですよ・・・。

まあ、確かにこの試合はフェデラー選手が先行していたので、
格下の選手が逆転することは考えにくかったですが・・・。

彼は、
「最近のフェデラーなら、格下相手に負けないでしょ」と
完全に高を括っていたんですね。

そしてこともあろうに、
なんとBetした後、風呂に入りに行ってしまったらしいんです。

今考えると、なんてアホなことをしたのかと思いますが、
もちろん、風呂から出た後に結果を見てみると、
いくらデポジット金額を更新しても0.00ユーロのまま。

ゾッとして結果を見てみると、
フェデラーが負けている・・・・

全損・・・最悪です。

皆さんはこうならないように注意してください。

選手同士の相性というものがある

選手は人間ですから、必ず相性というものがあります。

人間は、意識的に動いているようで、
本当のところはかなりの部分を無意識で動いています。

選手たちのプレーも、意識的なものだけでなく、
大半は無意識(潜在意識)のレベルでの動きから作られています。

ですので、どうしても、選手同士の相性が生まれるんですね。

この相性ですが、試合を何度も見ていると、
何となく分かってくることがあります。

テニス選手は意外と少ないので、
トップ選手同士の相性などは多少把握できたりします。

僕の中で一つあるのが、フェデラー選手とデルポトロ選手です。

フェデラー選手は言わずと知れたトッププレーヤーで、
相手が世界ランキングトップ10内の選手だろうと、
90%以上の勝率を持っています。

凄すぎですよね、トップレベルの選手たちとの戦いでの勝率が
9割越えですよ?これは異常な成績です。

ただこれ、対デルポトロ選手となると話が違ってきます。

最近の数年で言うと、勝敗は五分五分で、
どちらが勝つか分からないという状態なんです。

これを知らないで、ランキング上位のフェデラー選手が優勢と思ってBetしていたら、
必ず損失が出ますよね。そもそもの前提が違うわけですから。

あと、そのデルポトロ選手もトップ10内でも、
すごく強い方の選手なんですが、
あのビックサーバーであるイスナー選手とは相性が悪いです。

イスナー選手は、典型的なビックサーバーで、
だいたいランキング的には17~20位くらいのレベルの選手です。

世界ランキングの10位以内と、15~20位のレベルは
単純な数値の差以上に離れているので、
普通に考えたら、デルポトロ選手が勝つ可能性が高いはずなんです。

ところが、なぜか最近の数年では
イスナー選手が勝ち越しています。

これは、もう単純に相性によるものだと思ってください。

まとめ

ブックメーカーのテニスBetにおいて、
事前に試合精査を行うことは確かに重要です。

しかし、ただそれだけでBetを決定してしまうと、
足元をすくわれます。

ブックメーカーで賭ける対象が、人間の行うスポーツなので、
必ずイレギュラーなことは起こるんですね。

ですので実際には、事前の試合精査に加えて、
ライブ映像をしっかりと観ながらBetするように
心がけてくださいね。

そして、選手には相性というものがあるので、
試合を沢山見ていく中で、選手たちの相性を見つけるように
してください。