ブックメーカー(テニス)データ分析や試合把握ができる『フラッシュスコア』を活用せよ

ブックメーカー(テニス)データ分析や試合把握ができる『フラッシュスコア』を活用せよ

ブックメーカーでテニスの試合にBetする際には、
しっかりとデータ分析をしておく必要があります。

そのデータ分析に使えるのがこのフラッシュスコアです。

ほとんどのブックメーカーの情報サイトやアプリが英語表記なのに対し、
このフラッシュスコアは日本語表記のため、非常にとっつきやすいです。

英語アレルギーの方などは、はじめの内は、
このサイトからの情報を重宝するようになるかもしれませんね。

今回はこのフラッシュスコアでどのようにして
データを見ていくのかについて書いていきます。

その日の試合を把握する

フラッシュスコアのいいところは、その日の試合把握が
凄く容易にできることです。

直観的にその日の試合の情報を確認できるので、
ぜひ使って欲しいと思います。

その手順ですが、
まずサイトに行きスポーツでテニスを選択します。

フラッシュスコア:https://www.flashscore.co.jp/tennis/

すると、画像のようにその日に予定されている試合が、
ずらっと一覧になって表示されます。
(デフォルトでは全試合タブになっている。)

一覧は大会ごとに分けられていて、(黒いバーの部分が大会名)
それぞれの試合の開始時間が表示されています。

時間は日本時間に合わせて表示されているので、
この一覧を見るだけで、その日の試合を把握できますね。

現在行われている試合の詳細を見る

さらにここから、今やっている試合を見ていきます。
上にあるタブの中から”開催中の試合”を選択。

すると、実際に今行われている試合だけが表示されます。
分かり易く、第何セットを戦っているのかや、
それまでのセットスコアなどがこの一覧でもざっと見ることができます。

さらにここから試合を選択すると、試合詳細を見ることができます。
デフォルトだと、ライブセンター(黄タブ)⇒サマリー(赤タブ)になっていますね。

これはソック選手とフリッツ選手の試合ですね。
すでに第三セットになっていて、カウントは1-1で、
ソック選手のサーブ(テニスボールのマークがサーブ側)。

そしてゲームカウントが30-0と、
ソック選手がリードしていることが分かります。

各種ポイント率などの詳細データまでチェックできる

さらに、ゲームの詳細を見るために統計(赤タブ)をクリックすると、
その試合におけるさまざまな%のデータを見ることができます。

ここまで詳細にデータが出ているので、
データ分析はこのフラッシュスコアで十分にできそうですよね。
(この統計情報は、試合によっては無い場合があります。ATPなどの
主要な試合であればこの統計は見れるはずです。)

このページの情報があれば、わざわざATP/WTAのアプリを
使わなくても済みますね。

ATP/WTAのアプリが分からない方は、こちらの記事もお読みください。

記事:ブックメーカー(テニス)の必須アプリ『ATP/WTA Live』

それまでの試合の流れがわかる

このフラッシュスコアの凄いところは、
それまでの試合のポイント履歴を完璧に見られる所です。

ポイント毎情報(赤タブ)をクリックすると、
以下のような画面になります。

そうすると、セットごとにこれまでのポイントの流れを見ることができます。
ここまで詳細にポイントの流れを見ることが出来れば、
試合を始めから観ていなくても、ある程度の試合展開をイメージできます。

同じ1ゲームを取ったにしても、
粘られて取ったのか、すんなり取ったのかによって
全然違ってきますからね。

このページを見れば、競っている試合なのか、
一方的な試合なのかが判断出来てしまうんですね。

このページは是非チェックしてほしいところの一つです。

真近の試合履歴と直接の対戦履歴も見られる

このフラッシュスコアでは、試合判断に非常に重要になってくる、
試合履歴も見ることが出来ます。

一番上の黄色いタブの中から、対戦履歴を選択。
すると、最近の試合結果と直接対決した時の試合結果を見ることが出来ます。

上記の画像で言うと、最後の試合:ソック.J(Usa)という黒いバーの
一覧には、ソック選手の最近の試合結果が載っています。

同様に、最後の試合:フリッツT.(Usa)の一覧には、
フリッツ選手の最近の試合結果がありますね。

茶色や青色のカラーは、その試合のコートの種類です。
このコートの種類までも、タブを選択することによって、
絞り込むことが出来ます。

そして一番下の1対1対戦試合:ソックJ(Usa) – フリッツT.(Usa)
という所は、この選手同士の直接対決の結果が載っています。

これで言うと、この組み合わせでは、
2016年の1月と8月の2試合ともソック選手が勝っていますね。

ただこの時点のフリッツ選手はまだ非常に若く、
2015年にプロになったばかりなので、
ランキング差だけで判断するのは危険ではありますね。

その大会のトーナメント表(ドロー)を見る

フラッシュスコアでは、その大会のトーナメント表も見ることができます。
試合一覧の黒いバーの一番右端のドローをクリック。

若しくは、試合詳細ページのドロータブをクリック。

すると、以下のようにドロー表を確認することができます。

ちょうどこの試合は3回戦目のようですね。

あと、選手名の横に薄く()して数字が書いてあると思いますが、
これはシードを表しています。

これで見ると、ソック選手は名前の横に(3)とあるので、
この大会においては、第三シードという事になりますね。

このシードというだけでも、ある程度の試合判断材料になりますので、
トーナメント表は是非見るようにしてください。

まとめ

今回は、ブックメーカーでテニスにBetする際に非常に使える、
フラッシュスコアというサイトの紹介でした。

特にポイント履歴を細かくチェックできるので、
試合を途中から見た場合などに使えますよね。

やはり日本語表記なのが大きいところで、
初心者にはすごく良いサイトだと思います。

ブックメーカーの情報サイトやアプリは多くありますので、
まだ使ったことが無い方は、とりあえず使ってみて、
自分に相性がいい使いやすいものを探してみると良いと思います。