【ブックメーカー】テニスBetをする時のコツ

【ブックメーカー】テニスBetをする時のコツ

ブックメーカーにおいて、しっかり勝ちを積み重ねている人たちは、
いろいろな考え方やコツを知っています。

彼らは”漠然とBetしても勝てない”という事を十分理解しているため、
勝つための考え方を本当にたくさん学び、実践してきているんですね。

今回は、皆さんが少しでも彼らの考えに近づけるように、
ブックメーカーでテニスBetをする時のコツをまとめてみました。

その試合の時期による選手の力も考慮する

ブックメーカーで、映像越しに試合を観ている我々には分からないですが、
実際の試合には季節による気温の影響が思ったよりも強くあるものです。

スポーツをしていた経験がある人なら分かると思いますが、
気温によっては、いつもの動きが出来ないなんて事もありますよね。

得に猛暑時には、選手によって得意不得意が分かれるので、
その部分を把握しておくと、より試合分析が楽になると思います。

ブックメーカーのサイト上には気温のデータは無いので、
会場の場所を調べて、ネットでその場所の気温を調べてみてください。

猛暑になりやすい全米OPなど、気温の影響が強いであろう時期には、
気温によるプレーの変化も考慮して、試合を観ていって欲しいと思います。

その選手の調子のいいテンポを見極める

これは、今までいろいろな試合を見てきて気づいた事なんですが、
実はテニス選手には、その選手特有の『リズム』や『テンポ』というものがあります。

というのも、何度も同じ選手の試合を観ていたときに、
選手の調子がいい時は、何か一定のリズムでプレーしているように見えたんですよね。

具体的に言うなら、サーブを打つまでのルーティーンのテンポとか、
サーブを打ってから相手の返球に反応するまでの動きのリズムなどです。

調子が良い状態にある選手は、これらのテンポやリズムが一定で、
そうそう崩れる事がないので、どんどんポイントを取って行く状態になる訳ですね。

プレー自体も、テンポが良いためか無理な動きをしなくなるので、
なんだか楽しそうにプレーしているように見える事もあります。

このような見方で試合を観察していると、選手の調子を捉えやすくなるため、
これからは、選手のリズムやテンポを意識して試合を観るようにして下さい。

ラリーの力関係は常に見ておく

ブックメーカーでテニスの試合を判断するときに見るのが、
その試合を行っている選手同士の”力関係”という所になると思います。

そして、その力関係を大きく分けると、
『サービスの強さ』と『ラリーの強さ』の2つに分けられます。

それぞれ、選手によって得意不得意があるのですが、
試合中は特に『ラリーの力関係』について意識的に見るようにしてほしいんです。

というのも、サービスの強さは変化があまり無いものですが、
ラリーの力関係に関しては、試合中に変わっていく事があるからなんです。

このラリーの力関係が変わってしまうと、試合そのものの流れも
ガラッと変わってしまい、本当に全く違う試合展開になったりしますからね。

Betした後に、何故だか急に負けている方が連続でポイントを取り出し、
大逆転されるなんて苦い経験をした事はありませんか?

この場合は、ラリーの力関係の変化によって、
試合の流れが一気に変わってしまった可能性があるわけですね。

このような事から、ブックメーカーで試合映像を観て試合判断をする際には、
ラリーの力関係を常に把握しておくようにして下さい。

スコアを一番気にしているのは選手自身と理解する

ブックメーカーをしていると、スコアの数字の動きが
自分のお金の増減に関わってくるため、スコアの変化に凄く敏感になってきますよね。

多くの人は、あまりにスコア動きを気にし過ぎて、
実際に行われているテニスの試合の事をないがしろにしている状態でもあります。

本来は、テニスの試合があって、それにスコアがつけられているのに、
スコアの数字だけに意識が行ってしまうなんて本末転倒状態もいい所です。

そしてよくよく考えて欲しいのですが、ブックメーカーをしている人たち以上に、
一番スコアを気にしているのはプレーをしている選手本人ですよね。

選手は非常に強くスコアを意識していて、ピンチのときからデュースに
戻したときなど、本当にもの凄いモチベーションの上がり方をします。

その選手のプレーそのものに、スコアというのは影響してくるわけですね。

このブログでも「試合のスコアよりも試合内容を見よう」と書いてきていますが、
『スコアに対して選手がどのような反応をしているのか?』については、
しっかりと見ていく必要があるという事です。

集中している選手は余計な動きをしない

ATPなどのトッププレーヤー達の試合は、ものすごく細かいカメラワークで、
スロー映像もあるために、選手の表情などを鮮明に見ることが出来ます。

しかし、それ以外の試合では、固定カメラだったりなどの理由で、
プレーしている選手の表情などが分からないという場合も多いですよね。

そんな時にその試合における選手の状態を見る場合は、
『その選手が余計な動きをしていないかどうか』という所を見てください。

特に、相手のサーブを受けるときの、リターン側で待ち構えているとき
(画像のような時)の動きを見ると良いです。

というのも、人は、本当に集中したときは、
余計な動きをせずに、一転集中して相手を見据えているものだからです。

これからは、試合映像で細かい選手の表情などが分からない時は、
選手が『余計な動きをしていないか?』を観るようにして欲しいと思います。

まとめ

今回書いてきたテニスBetのコツは、他のブックメーカーの情報サイトには
絶対に載っていない情報だと思います。

これはやはり、実際に実践をしてきた中で出てきたものであり、
他のニセ情報発信者が思いもつかない内容だからですね。

これからは、今回の記事のように”本当に実践してきた人にしか分からない情報”
と言うのを意識して、情報収集をしていってほしいと思います。

試合判断カテゴリの最新記事