試合判断

【ブックメーカー】その選手は負ける?テニスの試合で負けてしまう要素とは?

ブックメーカーでは、スコアなどの細かい数値にBetすることも可能ですが、
個人的には、試合の勝敗を予測した方がやり易いイメージがあります。

というのも、テニスの試合には『”負ける要素”が多い方が負ける』という、
ある程度決まった法則が存在しているからです。

今回はそんな、『テニスの試合で負けてしまう要素』について、
僕の個人的な見解を交えて書いていきたいと思います。

毎回ブレイクされそうになっている場合

テニスの試合を見ていると、サーブ側の時になかなか上手くいかず、
何度もブレイクされそうになっている選手を見る事があります。

サーブから押し込む事が出来ずに、相手のリターンに振り回され、
サービス側なのにも関わらず劣性になってしまっている状態ですね。

このような場面を見かけたら、そのサービス側の選手は、
負ける可能性が高いと判断していいと思います。

というのも、そもそもテニスは『サービスキープ』という言葉がある通り、
サーブを行うサービス側が非常に有利にできていますよね。

特に男子の試合ではサーブが非常に強烈なので、
サービス側がゲームをキープする可能性が非常に高いです。

そんな状況の中で、毎回ブレイクされそうになっているという事は、
”サーブでゲームを取れない状態”という訳なので、
勝つ見込みは非常に低いと言わざるを得ませんよね。

ただ、たまたま数プレーだけ調子が悪かったという場合もあるため、
試合をしっかり監視してから、こういう判断はするようにして下さい。

調子が悪くないのに押されている場合

テニスの試合を見ていると、調子は悪くないのに、
なぜかポイントが取れないというシーンを見ることがあると思います。

ショットのコースも悪くないし、体もしっかり動けていて、
調子は良いはずなのに相手に主導権を握られてしまっている・・・。

結構こういう試合を見る機会があるかと思いますが、
この場合は、”ポイントが取れていない側の選手は負ける可能性が高い”
という判断をしていいと思います。

というのも、調子が良い方なのにポイントが取れないという事は、
①『実力がそもそも違う』②『相手の調子がすごく良い』
という2つのパターンしかあり得ないからですね。

そしてほとんどの場合は、①の『実力がそもそも違う』というパターンで、
相手選手が絶不調にならない限りどうしようもない場合が多いんです。

ただ、力関係を判断するのにはそれ相応の時間が必要なので、
これについても、試合をじっくり見てから判断するようにすると良いと思います。

イライラしている場合

テニスはただの平凡なミスをしても1ポイント入るスポーツなので、
選手たちは常に自分との闘いをしながらプレーをしているものです。

トップ選手になればなるほどミスが許されない状況になるため、
本当にトップの選手はメンタルの部分が非常に強いんですね。

でもそんな彼らも人間ですから、一つ一つのミスでストレスが溜まり、
そのイライラがプレーに影響してきてしまうわけです。

実際に、ちょっとイライラした表情やジェスチャーがあった場合には、
ミスをして相手にポイントを献上してしまうシーンが多いように感じますからね。

特にそのイライラが一気に爆発し、”ラケットを叩きつける”という状態になったら、
もうその選手は負ける可能性が高いと判断して良いと思います。

とにかく、選手には必ず感情の動きあるので、ライブ映像をしっかり観て、
その変化を見逃さないようにして欲しいと思います。

得意な形をそもそも作れていない

それぞれの選手には、『得意なポイントを取るパターン』と言うものがあり、
調子のいい時にはそれがハマって、ポンポンとゲームを取っていく事が多いです。

むしろこのような得意の形があるからこそ、アマ・プロ・トッププロ
というように、相手に競り勝ってきたという実績がある訳で、
『その選手の強さ=ポイントするパターンの豊富さ』でもある訳ですね。

でも逆に、この得意な形を全く作れないという状況になってしまうと、
一気に勝つ見込みが無くなってしまうのがトッププロの試合なんです。

特に、サービスが命のビックサーバーの選手が、サーブが入らなかったり
サーブ後のボレーが決まらない状態になってしまうと、
試合を作る事が全くできなくなり一気に負ける可能性がUPしますからね。

ただ、このような『選手の得意のパターン』のデータは、
サイトやアプリなどには一切載っていないものなので、

これからは映像に出ている選手たちのプレースタイルについて、
メモなどに記録していくようにすると良いと思います。

まとめ

テニスの試合において、今回のような『負けてしまう要素』を見つけられたら、
その試合を判断することが比較的容易になります。

やはり、負ける要素というのは非常に強いもので、
選手本人がどうしようもないレベルのものですからね。

ただ、どの試合判断に関しても『しっかりとライブ映像を観る』
という事が大前提になってくるので、まずは何よりも先に
映像をしっかり見るクセをつけてほしいと思います。


裏メルマガを受け取りたい方は、

下記のアドレスへ空メールを送って下さい。

(内容が空白のままだと送信できない場合は、
スペースを入れるなり記号を入れるなりしてOKです。)

入力いただいたアドレス宛てに、
24時間以内にメルマガを配信いたします。

buruyuna@ymobile.ne.jp