【ブックメーカー・テニス】これがあったらその選手は有利と判断せよ

【ブックメーカー・テニス】これがあったらその選手は有利と判断せよ

ブックメーカーでテニスの試合に賭ける際は、
とにかく『ライブ映像を観ての判断』が最優先になります。

なので、事前にいくつも試合を観ておいて
『試合を観る目』を養っておくのが理想なんですね。

ただ、試合を観ると言っても、初心者の方は
一体どこに注目して良いのか分からないと思います。

なのでここでは、今までライブ映像を観てきた中で分かった、
『テニスの試合で観るべきポイント』について書いていきます。

ベースライナーのサーブが調子良い場合

テニス選手のプレースタイルは、
大きく分けて3つあります。

・サービスを得意として
そこからネットに出てボレーなどを打つ
『サーブ&ボレー』のスタイル。

・ラリー戦を得意として、
打ち合いの中で粘り勝つ『ベースライナー』。

・そのどちらも両方ともバランス良くこなす、
『オールラウンダー』。

ここでは、このプレースタイルの中の、
ベースライナー選手についての話です。

実は、このタイプの選手がサービスの調子が良いと、
もの凄く強くなるんですよね。

ベースライナーの選手は、
基本的にラリーの中でポイントを取っていくんですが、
別にサーブが打てない訳ではありません。

むしろ、普通に学生の時などは、
サーブからガンガン決めていた選手も多いです。

ラリーで強烈なショットを打てるわけなので、
本気を出せばそこそこ良いサーブを打てるんですよね。

(もちろん個人差はあります。)

なので、すごくサーブの調子が良い時は、
相手がトッププロだとしても、サーブから押し込む形を作れます。

普段はラリーの力だけで勝ってきたベースライナーが、
さらにサーブで押してくる訳なので、
その時の強さは相当なものだと予測できますよね。

とにかく、ライブ映像を観ていて、
『ベースライナーの選手がサーブの調子が良い』という場合は、
その選手が勝つ可能性が高いと判断して良いでしょう。

ラリーでクロスにガンガン打っている場合

テニスのラリーと言うのは、
基本的にクロス(逆方向)に打つかストレートに打つかの駆け引きです。

テニスの素人からすると、とにかく逆方向(クロス)に打つ方が、
相手を揺さぶれると思いますよね。

僕もはじめは、ラリーを見ていて、
「なんかお互いが目の前に球を打ち合っているけど、
なんで逆側に打たないんだ?」と思っていましたからね。

でも実は、ラリーの中でクロスに打つというのは、
けっこうなリスクがあるんです。

クロスにボールを打って、相手がそれに追いついた場合、

・こちらは打ったばかりなので中央に戻れていない

・相手からするとストレートのコースがぽっかり空いている

という状況になります。

つまり、みすみす相手に
ストレートを決めるチャンスを与えてしまう訳ですね。

でも、そんなリスクがあるクロスへのショットを、
ガンガン打ちまくっている選手を見かける事があるんです。

逆サイドのコートが少しでも空いていればクロスに打って、
とにかく徹底して相手の逆をついているんです。

(ナダル選手とかはこういうプレーが得意でした。)

そうすると、本来は不利なハズのクロスへのショットが、
めちゃめちゃ相手に効いてくるんです。

相手からしたらガンガン逆サイドに揺さぶられる訳で、
まともに落ち着いてプレーが出来ませんからね。

なので、このような場面を観たら、
クロスに打ちまくっている選手の方が
主導権を握っていると判断して良いと思います。

前に出る事が多い選手の方が押している

テニス選手も人間なので、
調子が良い時はその気持ちがプレーに表れます。

特に分かり易いのが、
ラリーの途中から前に出てくるという現象です。

これは普通に、ベースライナーの選手でも同じで、
調子が良くてガンガン押している時は、

少しでも相手の体勢が崩れたら、
どんどん前に積極的に出ていきます。

今のプレーに自信があるので、前に出るリスクよりも
『ポイントを取ってやる!』という気持ちの方が上回る訳ですね。

だからこそ、本人が意識していなくても、
自然と体が前に出て行く動きになるんです。

逆に、今の状態が不安定だと、
前に出るリスクを考えてしまい、なかなか前に出られません。

ミスをしないように気を付けながらプレーすることになり、
どんどん消極的になってしまいますからね。

なので、試合を観ていて、
前に出来て来る回数が多くなったと感じたら、
その選手が調子が良いという判断をしましょう。

(無理に前に出ようとしている場合は、その限りではありません。
あくまで自然と前に出ている事が重要です。)

まとめ

今回は、かなり細かい部分の、
テニスの試合のライブ映像判断の材料を紹介しました。

ブックメーカーで勝っている人たちは、
こういう細かいところもしっかりと観ているんですね。

今はYoutubeなどで試合を観ることが出来るので、
テニスの試合動画を探してみて、
今回の内容を意識しながら試合をチェックしてみましょう。

そうすると、何も意識しないで観るよりも
圧倒的に試合を観る目が育つようになると思います。

試合判断カテゴリの最新記事