【ブックメーカー】強い選手はこれが出来る!強いテニス選手の見分け方

【ブックメーカー】強い選手はこれが出来る!強いテニス選手の見分け方

ブックメーカーでテニスの試合を観る時は、
強い選手がどのようなプレーをするのか知っておく必要があります。

どういう選手が強いのか把握していれば、
試合のプレーを観るだけである程度の力関係が分かりますからね。

なので今回は試合を観ている時に使える、
『強いテニス選手の見分け方』を書いていきたいと思います。

ストロークでサービスコートを狙える

これは本当にコントロールが良い選手で、
しかも調子が良い時にしかできない芸当ですが、

打ち合っている最中に、
あのサーブの時に入れないといけないコート
通称『サービスコート』を狙うショットがあります。

決まれば観客から歓声が上がるほどのショットですが、
トッププロになると意図的にこれが狙えるんです。

クロスで超鋭角にコントロールして打つので、
このボールがサービスコートに入ったら、まず返せません。

(コートのとにかく浅い位置にクロスで入るため追いつけない。)

トップ中のトップの選手がストロークの中で、
なぜ相手選手よりもポイントを取れるかと言うと、
このショットが打てるからなんですね。

例えば、ジョコビッチ選手などが、
試合中にこのショットを何度か出していました。

彼の試合では、ラリーが何度か続いた後に、
いきなりサービスコートに超鋭角にショットを打って、
そのまま相手が全く追いつけないというシーンを何度も観ましたからね。

これは「相手選手もトップレベルなのに、
何故ジョコビッチ選手はその相手の上を行くのか?」
を考えながら試合を観ていて気づいたことです。

このショットが出来る選手はとにかく圧倒的に強いですね。

ギリギリ間に合った状態でも奥にロブで返せる

相手のショットが素晴らしいコースに飛んできて、
それを何とかギリギリでラケットに当てるという場面がありますよね。

本当にギリギリで追いついた状態なので、通常の選手であれば、
ラケット面を正しい方向に向けることすらままなりません。

でも本当に強い選手は、そんな状況でも
ラケット面を正しい方向に向けて『奥へのロブ』を返します。

ロブというと相手にチャンスを与えてしまうものですが、
強い選手は”コート奥へ”返すんです。

浅いロブだと、相手にスマッシュを打たれて終わりですが、
コート奥へ返せた場合は話が違ってきます。

コート奥へ来た深いロブの場合、落ちてくる速度が速いので
ダイレクトで打つことが出来ません。

そのため、結局はワンバウンドするまで待つ事になり、
そこからスマッシュをするのですが、
かなり奥の方からサーブみたいに打つことになります。

でもサーブと違って、体勢が整わない事も多く、
奥の方からのスマッシュと言うのは、意外と入らないものなんです。

思いっきり打つと、アウトになってしまう可能性もあり、
選手たちは意外とコートに入れるように打ちます。

だからこそ、奥へのロブであれば、
ラリーがそのまま続く可能性が高いんですよね。

(実際に高い奥へのロブが出た後に、
そのままラリーが続くことが多いです。)

強い選手は、相手の渾身のショットを、
このように高い奥へのロブで回避できるからこそ強いんですね。

カウンターショットが打てる

あの有名なナダル選手が得意としていたのが、
『カウンターショット』です。

相手としては、すごく良いコースにクロスショットを打って、
「よし、ナダルを追い詰めたぞ!」と思ったら、

ナダル選手はそのボールにギリギリで追いつき、
一気に強烈なストレートショットを返してくるんです。

相手からしたら「なんでやねん!」と
叫びたくなるようなクレイジーな技ですよね。

トッププロになれば、このような
相手のクロスショットに追いつきながら、
強烈なカウンターショットを打ち返せる選手がいます。

日本の錦織選手なども、こういう
カウンター的なプレーは得意としていましたね。

彼の試合を観ていた人は、何度もそのプレーに驚かされ、
感動させられていたと思います。

相手のクロスショットに追いつき、
そのまま強烈なストレートショットを返す・・・。

錦織選手の場合はそれでポイントを取っても
冷静に軽くガッツポーズするくらいなので、
それもまたクールでカッコいいんですよね。

(ATPのトップの方にいる選手の中で、
フットワークが良く、ストロークが上手いタイプの選手は、
日常的にこのようなパターンでポイントを取っています。)

とにかく強い選手は、クロスに打たれた球が強烈でも、
それに追いついて逆にカウンターを放てるからこそ、
他の選手よりも抜きんでて強いんですね。

まとめ

ブックメーカーのライブ映像でテニスの試合を観ていると、
今回挙げてきた、

・サービスコートを狙うショット

・ギリギリで追いついての深いロブ

・カウンターショット

という3つのシーンを観る事が出来ると思います。

これらは男子の試合のトッププロが出来る芸当で、
本当に強い選手の特徴でもあります。

なのでブックメーカーでこれからテニスの試合に賭ける場合は、
この3つの要素もしっかりと意識して、
試合判断をしていって欲しいと思います。

試合判断カテゴリの最新記事