ブックメーカーの成功者がテニスBetを極めるためにやっている事

ブックメーカーの成功者がテニスBetを極めるためにやっている事

ブックメーカーで成功出来ている人は、
一体何をしているのか気になりますよね。

それを真似すれば、
少なくとも間違った方向にはいかないはずです。

なので今回は、
『テニスBetにおいて成功している人がやっている事』
について書いていきたいと思います。

趣味を『テニスの試合観戦』にしてしまう

ブックメーカーで勝てるようになる人というのは、
稼ぐためにテニスBetを始めたものの、

なんだかんだで『テニスの試合を観る事が楽しい』
と思えるようになっている事が多いです。

始めは全くテニスに興味がなかったのに、
テニスBetで成功するために試合観戦を見続けていたら、
自然とその面白さにハマったという感じですね。

このように、テニスの試合を観る事が楽しくなると、
本当にブックメーカーのスキルが一気に上がります。

テニスBetと言うのは、何度もこのブログでも書いていますが、
試合を実際に観て判断する事が一番重要になりますからね。

むしろ、ぶっちゃけ
試合の判断さえしっかり出来ていれば、
それだけで上手くいってしまうくらいなんです。

成功できる人は、そのあたりがよく分かっていて、
”ブックメーカー自体を趣味にしてしまった”という感じですね。

もしブックメーカーで本当に勝ちたいのなら、
テニスの試合観戦を趣味にしてしまうのが最良の方法だと思います。

自分を戒めるもう一人の自分を作る

成功している人たちは、
『自分を戒めるもう一人の自分』と言うものを作っています。

そうしないと、
”いつか必ず、自分に甘くなって負けてしまう”
と分かっているからなんですね。

だからこそ成功している人は、
他人から『自分に厳しい人だ』と思われることが多いです。

あの超有名な元プロ野球選手のイチロー選手も、
自分にすごく厳しいと言われていましたが、

『そうしないと甘さが出てしまうから。』
という事をインタビューで言っていましたからね。

とにかく、ブックメーカーで成功する人は、
人一倍の努力を自然としている訳なんですよね。

だからこそ、結果が出るし、
最終的にブックメーカーで利益が出せているんです。

その点、勝てない人は必ず楽をしようとします。

人は基本的に怠けてしまう生き物なので、
面倒な事は出来るだけやりたくないと思っているんですね。

ブックメーカーで勝てない原因は、
この怠け心からくる心理的な問題が大きいんです。

例えば、このブログで
「テニスの試合を100試合は観て下さい。」と言っても、

勝てない人たちは、
『えー、試合をそんなに観ないといけないのか・・・。
ちょっと面倒くさいな。ダイジェストで5・6試合観れば良いでしょ。』

というように、
何かしら言い訳けしてサボろうとするんですよね。

これでは、まず結果なんて出ませんよ。

このようなメンタルの問題がそもそもあるからこそ、
いくらやっても結局は上手くいかないんですね。

多くの人はこのような心理を持っているからこそ、
勝てずにブックメーカーからリタイアすることになる訳です。

意図的にライバルを作る

成功している人は、
意識的に同じくらいのレベルの人と競争しようとします。

簡単に言うと、ライバルを作っているんですね。

何故かと言うと、その方が自分のやる気も出るし、
モチベーションが続くという事をよく分かっているからです。

人は、自分ひとりだけで何かを成し遂げようとすると、
必ずモチベーションが下がります。

そして下がってしまったモチベーションは、
自分で何とかしようとしても、正直限界があるんですよね。

なので、同じくらいの時期に始めた人たちの結果を見ながら、
『よしよし、こっちの方が結果を出しているぞ!』
というように意図的に比べてみる訳です。

成功できる人はこのように、自分の競争心を上手く引き出して
メンタルコントロールをしています。

なのでまず皆さんも、ブログでもfacebookでも良いので、
同じくらいのレベルでやっている人を見つけてみて下さい。

そしてその人の結果や、
やっている事を逐一チェックしていく訳です。

ここで大事なのが、その人がやっている事の
2倍くらいの事をこなしてみるという事です。

同じことをしていては勝てないですからね、
とにかく2倍はその人よりも行動してみて下さい。

そうすれば、一週間・一ヶ月・半年と、
明らかにその人との差が出て来るようになってきます。

これをやると本当に一気に急成長できるので、
騙されたと思って、是非一度やってみて欲しいと思います。

まとめ

ブックメーカーをやっている人の多くが、
なかなか稼げるようにならないという事実があります。

実にやっている人の10%くらいしか、
まともな結果を出せていませんからね。

何故こんなにも稼げる人が限定されてしまうかと言うと、
人の心理的なものが、
成功までの道のりを邪魔しているからなんですね。

人は、基本的にナマケモノなので、
ハッキリ言って素の状態ではブックメーカーで
勝てるようにはならないんです。

なので、今回書いてきた、

・趣味を『テニスの試合観戦』にしてしまう

・自分を戒めるもう一人の自分を作る

・意図的にライバルを作る

という3つの事をしっかりと意識して、
これからはブックメーカーをやっていって欲しいと思います。

考え方カテゴリの最新記事